Google Maps の DragZoomControl が小気味良い。

mgic さんのユーザアバター
mgic - 金, 2007 - 06 - 08 10:11

「あぁ!もう!この範囲を拡大して画面いっぱいに表示したいのにっ!」

Google Maps を使っていて、この様な場面に遭遇したことがある人は結構多いのではないだろうか?

Google Maps は、基本的に以下に挙げる操作によりマップを見る事が出来る。

  • 地図コントロールによるスケールの変更及び移動
  • ダブルクリックによるズーム(拡大)
  • マウス左ボタンのドラッグ&ドロップによる移動

これだけでも、ほぼストレスなく地図を操作出来ていたが、今回もう一つの地図コントロールが Official Google Maps API Blog で紹介されていた。

DragZoomControl v1.0: Easier zooming, coming right up!

その名も「DragZoomControl」。マップ上で指定した矩形領域を拡大表示するコントロールだ。念のため書いておくが、Google Maps 自体に標準機能としてDragZoomControl が追加されたという事ではなく、Google Maps API Utility Library open source project によって公開されたオープンソースなライブラリである。

操作方法も他の機能同様、実に明快。まず、DragZoomControlアイコンをクリック。次に拡大したい範囲の左上をマウス左ボタンで指定し、そのままズズズイッと拡大したい範囲の右下までドラッグ。これだけの操作で表示したい領域を手早く拡大表示出来る。今までの様にズームやパン操作を繰り返す必要もない(その行為が楽しいという声もあると思うが)。また、操作時の画面効果が秀逸だ。DragZoomControlアイコンをクリックした直後にマップが暗転し、マウスで指定した範囲が明るくなり、マウスボタンを離す事により枠と暗転表示が消え、マップが拡大されている。

GISやCADの分野では実に当たり前の機能ではあると思うが、これが Google Maps で簡単に利用出来る様になる事は喜ばしい。なぜなら、ただでさえ操作感の心地良い Google Maps においてこの「DragZoomControl」が、よりいっそう少ないステップで目的を達成する為の助けになり得るからだ。

例え、ほんの些細な事でも、一つでも二つでも手間が減るのは嬉しい事ですね。

Google Maps
http://maps.google.com/

Official Google Maps API Blog
http://googlemapsapi.blogspot.com/

Google Maps API Utility Library open source project
http://code.google.com/p/gmaps-utility-library-dev/

DragZoomControl
http://gmaps-utility-library.googlecode.com/svn/trunk/dragzoom/release/


© MGIC All rights reserved.